本文へスキップ

犬猫飼い主と犬猫ブリーダーの為のペットの総合情報サイト

子犬の飼育法

犬の飼育法(2〜6ケ月齢まで)

フィラリア予防、ノミダニ予防は毎年忘れないで!
              

●2ケ月齢

子犬にとっては試練の時で、充分な心配りを必要としています。
この月齢の子犬には、人間の赤ちゃんを育てるのと同じように深い思いやりを必要とします。

【食事について】

理想的には親元で食べていたものと同じフードを継続して与えるべきです。
胃腸に負担のかからない、栄養の吸収効率のよい良質の子犬用ドックフード(※)を、1日3〜4回に分けて与えます。
※子犬用ドッグフードはヒルズやユーカヌバ、アズミラ、ソリッドゴールドなど比較的高価なプレミアムフードの場合には栄養的な心配はありませんが、一般フードを使用する場合は、ビタミンミネラル総合サプリメントを添加すると良いでしょう。
また、大型犬種の場合は、更にカルシウム剤を追加する事をお勧めします。
  

便の様子を観察しながら食事内容を除々に変え、量も増やしていくようにします。
食事の内容は、質、量とも急に変えないようにします。
ドッグフ−ドは本来、他のものを混ぜて与える必要はないのですが、缶詰、肉などを混ぜる時は、全体量の2割までに留め、
栄養バランスを崩さないようにします。

肉類は犬が喜んで食べますが肉類だけで育てると、カルシウムが欠乏することになります。
大型犬の場合は犬用のカルシウム粉末でカルシウムを補う必要があります。
犬に与えて良い食べ物は、牛肉、鶏肉、白身魚や卵黄、チ−ズなどです。

牛乳を与えると消化できなくて下痢をすることがありますので、子犬の間は与えない方が良いでしょう。
ミルクを与える場合は犬用の粉ミルクが市販されていますので入手してください。

犬に与えてはいけない食べ物は、ネギ、たまねぎ。エビ、カニや、イカ、タコなどの軟体動物。
香辛料、 わさび、カラシなどの刺激物、鶏の骨、魚の骨などです。(
チョコレートも駄目です)
鶏の骨、魚の骨は腸を傷つけるので危険です。
ネギ、たまねぎは、中毒症状を起こします。

【トイレのしつけ 】
失敗しない『仔犬のトイレのしつけ方』 をご覧下さい)

トイレのしつけは家庭に着いたその日から始めなくてはなりません。
寝起きや食後など、子犬が床に鼻をつけ、匂いをかぎ回り始めたら、あらかじめサークルなどにセットしたトイレに抱いて連れていきます。
子犬をトイレにのせ、排便、排尿をするまで黙って観察します。
うまくできた時は、優しく声をかけながら、犬の頚などを撫でてほめます。
トイレの場所以外で、そそうをしてしまったら、すぐにその場で床に鼻をこすりつけるようにして叱ります。
子犬はデリケ−トですから、強く叩いたり、大声で怒鳴ったりしては萎縮してしまい、子犬の性格に悪い影響を与えてしまうことがあります。

そそうをした場所はきれいにふき、消臭剤で匂いを消しておきます。
トイレのしつけが完全にできるまでは広い範囲を自由にさせるべきではありません。
トイレのしつけは根気よく、子犬が完全に覚えるまで、サークルなどを有効に使って毎日繰り返し行なうことが大切です。
どの様な子犬も、本能的に排せつは自分の生活場所からできるだけ遠い場所で済ませようとします。神経質な犬種ではこの傾向がより強いため、庭の隅やベランダの端を、排せつの場所にきめるとスムーズに覚えることがあります。
いずれにしても根気よく「その場所でする事が良い事」である事を子犬に教える様にします。
トイレのそそう以外でも悪いことをしたときは、その場で叱ることが重要です。
時間が経ってから叱っても、犬には分からないからです。
叱るときは、ほめるときと正反対に、冷静な口調で叱ります。
声の調子を使い分けることによって、飼い主の意志が子犬に伝わるようにします。

【お手入れ 】

シャンプ−はワクチンの接種が終わり、2週間くらいの後から始めます。
シャンプ−は、長毛種の場合であっても月1〜2回にとどめます。
あまり頻繁にシャンプ−すると、毛艶が悪くなり、皮膚にうるおいが無くなり、かえって皮膚病になりやすくなります。
子犬は、刺激の少ない子犬用のシャンプ−を使って洗ってください。
シャンプ−の前には必ずクシとブラシで毛をよくとかし、毛玉やもつれがないようにします。
体温程度の温湯を子犬の被毛によく行き渡らせ下洗いをします。
耳に湯が入らないようにして、頭の上からも湯をかけます。
シャンプ−剤を手に取り、全身に行き渡るようにしてつけながら、決してゴシゴシとこすらず
毛並みにそってなでるようにして洗います。
頭は、背の方に向かってなでるようにして洗います。
目尻の毛が汚れて変色していたら、指先でつまむようにしてていねいに洗います。
シャンプ−の泡が目に入ったときは、指先で目を開かせ、きれいな湯でくりかえし洗い流すようにします。

口の回りや腹部、尾、尻の部分もていねいに洗います。
四肢の先は被毛を分けてすみずみまでていねいに洗います。
シャンプ−剤を残さないように温湯をかけて十分にすすぎます。
リンス剤を使う場合は、定められた濃度にうすめ、顔の部分を除く全身に行き渡らせてしばらく時間を置き、温湯ですすぎます。
バスタオルで包み、ゴシゴシとこすらず軽く押すようにして水分を吸いとります。
ドライヤ−は20cm以上離し、ピンブラシを使って毛を伸ばすようにしながら乾かします。

【耳の手入れ】
耳の中が臭ったり、汚れていたら、綿棒でそうじをします。
エピオティック(※)などの耳洗浄液で洗浄してから綿棒で掃除すればとてもきれいになります。
 
※耳の手入れについては『犬と猫の耳の手入れ』をご覧下さい。

【 健康管理】

母乳によって母犬から譲り受けた免疫は、子犬が生後2ヶ月を過ぎた頃から低下しはじめ、各種の病気に感染しやすくなります。
子犬を譲り受ける時にワクチン接種をしていない場合は、子犬が新しい環境に慣れたころ動物病院を訪れ、ジステンパ−、犬伝染性肝炎、パルボウイルス感染症等の予防ワクチンを接種します。
 
※混合ワクチン接種の基本は生後2ケ月目、3ケ月目、と2回接種し、後は1年に1回追加免疫をするために接種します。

予防ワクチンは子犬が健康な状態で接種する事が必要です。
回虫などの寄生虫がいないことを確認しなくてはなりませんので、当日の便を持参するとよいでしょう。
ワクチン接種後、獣医さんから接種証明書を受け取ります。次回の接種日を記入してあります
から、忘れずに接種に行くようにします。
ワクチン接種直後のシャンプ−や外出は厳禁です。

子犬は抵抗力が弱く、わずかな原因で体調を崩しがちです。
食欲不振、おう吐、下痢、鼻汁、目ヤニ、血便、元気がない、便に虫が出た、等の異常がみられる時は、すぐに獣医さんに見せるようにします。
日常、子犬の様子をよく観察することが、病気の早期発見に役立ちます。


●3ケ月齢

子犬は新しい環境や飼い主にも慣れて活発に動き回るようになります。
あらゆる機会に犬の名前を呼んで、呼ばれているのが自分である事を覚えさせます。
この頃は何でも口にいれて、時には飲み込んでしまいますので、飲み込めそうな大きさのものは放置しないで下さい。
好奇心もおおせいとなり戸を開けておくと、外へ出て行方不明になったり、交通事故にあったりしますから十分に注意して下さい。

【飼い主登録と狂犬病予防注射 】

生後3か月以上の犬は、飼い犬登録と年1回の狂犬病予防注射が法により義務づけられています。
予防注射は、居住地域の広報などで実施日、場所などを知ることができます。
動物病院ではいつでも接種してもらえます。

【アイコンタクト】
子犬と接するあらゆる機会に名前を呼び目を合わせます。
意識的に行なわなくてもこの月齢の子犬は常に飼い主と目を合わせています。
この習慣を失わさせないように、目を合わせたことを確認して食餌を与えたり、遊んでやったりします。犬は目で話をする動物です。飼い主の気持ちも目をみて読み取ろうとしています。
名前を呼んで目を合わせることは、主従の関係が良好に保たれていることを意味します。
名前を呼んでも反応しなくなる状態は餌はもらっているが主人として認めてはいないのです。


【呼んだら来る】
犬の名前を呼んで、手元に来たら十分にほめます。
この月齢の子犬は人間の姿を見ると呼ばなくてもとんで来るはずですから、この時に名前を呼ぶ習慣をつけます。
結果的に、名前を呼ばれたらすぐ来るようになるはずです。
呼ばれて寄って来た犬を叱るようなことは避けます。必ずほめます。
叱る必要のあるときは、手元へ呼ばず、人間が犬の所へ行って叱らなくてはなりません。
「呼んで叱るな」は犬のしつけの大原則です。
「呼ばれて主人の所へ行ったら叱られた」というのは犬にとっては不本意な事態で、呼んでも来なくなる原因のひとつです。
将来問題行動をおこす犬も子犬の頃は従順です。つまり多くの問題行動の原因は人間の方にあると言えます。

【ハウスのしつけ】
来客を含め全ての人が犬好きとは限りません。
「ハウス」の命令によつて、自分の犬舎に入り、おとなしくしているようにしつけておくと、非常に便利です。
このしつけは、大きくなってから教えるのは困難ですから子犬の頃に完全にできるよう繰り返し教えます。
子犬を犬舎に入れる時に必ず「ハウス」と声をかけ、「ハウス」という言葉と、犬舎に入る行為を結びつけて覚えさせます。

入ることを覚えたら、次は呼ぶまで出てこないようにしつけます。
子犬を犬舎に入れた後で、「ヨシ、ヨシ」と優しく声をかけ、子犬が出ようとしたら、「イケナイ」と声をかけ、手で制して、犬舎の外に出さないようにします。
これを繰り返し、呼ぶまで子犬が出ようとしなくなったら、「ヨシヨシ」とほめます。
子犬が犬舎の中に入っているときは、干渉せず、叱ったり、怒鳴ったりしてはなりません。
飼い主といえども犬舎の中に手をのばす事はやめましょう。

犬舎の中は子犬にとって、安心して暖かく眠れる場所である必要があります。
冬期は毛布などを敷き、静かな暖かい場所を選んで置いてやります。
この頃の子犬にとっては、一日のほとんどが睡眠時間で、安心して眠る事と食べる事が生活の基本です。
いかなる動物の親も、眠っている子を無理やり起こす事はありません。
眠っている子犬を起こす事は、ストレスをつのらせるばかりでなく性格に悪影響を与えます。
子犬にとって誰にも邪魔をされない安心できる場所が犬舎の中です。安心して眠れる犬舎を持たない犬は、イスの下にもぐったり、物にかくれて寝たりするようになります。

【食事のマナー 】
食事を与えてから20分ほど経ったら、たとえ残っていても食器を取り上げてしまいます。
だらだらと食事をさせないためです。食事をコントロールすることで主従の関係も保たれます。
食物を与える時は、必ず食器に入れます。
投げてあたえると、拾い食いの癖をつけてしまうことがあります。
人間の食事を犬が欲しがっても、決して与えてはいけません。
誰かが食べものを与えると、子犬は「ねだれば貰える」事を覚えます。
この頃、子犬の身についた習慣は、良くも悪くも一生ついてまわります。


【被毛の手入れ 】  詳しくは⇒   皮膚被毛のケア
短毛犬種の子犬は、豚毛などの獣毛ブラシで毛を立てるようにブラッシングし、次に毛並みに添って毛を整え汚れを落とします。
長毛犬種の子犬は、ブラシでホコリを落とした後、コームを被毛に添ってゆっくりと通します。
子犬の時から毎日、手入れをする習慣をつけ、飼い主に体を触れられることに慣れさせます。

【耳の手入れ】
耳の中が臭ったり、汚れていたら、綿棒でそうじをします。
エピオティック(※)などの耳洗浄液で洗浄してから綿棒で掃除すればとてもきれいになります。

  
※耳の手入れについては『犬と猫の耳の手入れ』をご覧下さい。

【ワクチン接種】

前回のワクチン接種の際に受領した証明書に、2回目の接種日が記載されていますから、動物病院を訪ね2回目の接種を受けます。
子犬にとって寄生虫は大敵です。親元で駆虫済みと説明されていても、完全に駆除されていない事があります。
ワクチン接種の際に獣医さんに便を検査してもらい、その結果が陽性であれば駆虫を行います。

【フィラリア予防】
子犬の月齢には関係ありませんが、初めて蚊の季節(5月〜11月)を迎える時期からフィラリア予防の飲み薬を月1回与えます。
これは、子犬が蚊の季節を迎える頃から始め11月下旬まで投与し、以後毎年5月下旬〜11月下旬の7ケ月間月1回投与します。
獣医さんに行って薬を貰う事もできますが、個人輸入(※)で購入する事もできます。
  
※詳しくは ⇒  個人輸入利用者の為のフィラリア予防の知識

●4ケ月齢

乳歯の抜けかわる時期には、家具や履物など何でもかじるようになります。
犬用のガムやおもちゃが市販されていますから適当な大きさ、適当な硬さのものを与えるとよいでしょう。
子犬には、咬んでよいもの悪いものの区別はつきません。
ほめることと、しかることを子犬の行動に結びつけさせて理解させましょう。

この頃から子犬の行動が、無意識なものではなく目的を持つことが多くなります。
知能の発達の最も盛んな時ですから、この時期に良い性格と良い習慣をつける必要があります。
わがまま放題の溺愛の結果は、飼育者は満足でも社会に受け入れられない不幸な犬にしてしまいます。

【 食事について】
乳歯が抜け永久歯にかわる時期ですから、ドライタイプのドッグフ−ドを柔らかくしなくても食べるようになれば、便を観察しながら適正な一日量を決め、食餌内容をゆるやかに替えていきます。
ドッグフ−ドには、子犬の成長に欠く事のできない栄養分がバランスよく含まれており、ドックフードと新鮮な水を与えるだけで十分に発育が可能です。

【 おすわりと待て 】
食事前や散歩に出かける時など指示が必要な時には必ず座っ て待たせます。
子犬にとっては最も興奮している時に座らされる事になりますから、簡単には覚えません。
片方の手で犬のあごを持ち上げるようにし、一方の手で犬の腰を軽く押さえて「おすわり」と声をかけます。
座ったときには「ヨシヨシ」とほめ、機会あるごとに繰り返すことが大切です。
座らなければ「次の欲求を満たさない」という人間側の方針をかえてはなりません。

【 首輪とリードに慣らす】
ワクチンを接種後2週間位経過すれば、子犬は外出できるようになります。
室内飼育犬であっても、外の世界には慣らしていく必要があります。
子犬は突然首輪やリードを付けられると歩くことをためらいますから、室内にいる時から首輪やリードに慣らすようにします。
始め、布製のリボンをゆるめに首に結びつけます。子犬は気にして取ろうとしますが、その内慣れてきます。リボンに慣れたら用意した首輪をつけ、これにも慣らせます。
飼い主の監視下でリードを子犬の首輪に付け室内で遊ばせて慣れさせていきます。
次に、室内で慣らしておいたリードを首につけて、抱きかかえて外出し、近所を数分間歩いて戻ります。徐々に外の世界に慣らしていくためです。
子犬にリードをつけて、無理やり引きずるようにして散歩させている光景を見ることがありますが、子犬にとって悪い印象だけが残り、外出を嫌い内向的な性格に育つことがあります。
生後6ヵ月位までは、四肢の骨格、特に股関節が未完成で、強制的な引き運動はかえって骨格形成に悪い結果となります。
室内犬の場合は、家の中が運動場で犬舎の中が自分の部屋という事になり、時々庭やベランダで日光浴をかねて自由に遊ばせる事で運動量は充分です。
キッチンや寝室など犬が入っては困る場所には、入り口にサ−クルを一枚置き、侵入を防止することをおすすめします。

【 乳歯について 】
乳歯は、自然に抜けることが多いのですが、小型犬などでは時々乳歯が残ってしまう場合があります。
グラグラした乳歯を無理に引き抜くと、歯根が残ることがあるのでやめましょう。
犬用のガムを与えたり、硬いフードに切りかえることにより、乳歯の生えかわりを助け、歯石の付着を防ぎ、歯の病気を予防する事が出来ます。
食後に水を飲ませる習慣も、歯を清潔に保つためには良いことです。

【フィラリア症予防 】
蚊の媒介によって、心臓にフィラリア虫が寄生する病気で、ひと夏を過ごした犬の90%にはフィラリア虫が寄生しているといわれています。
予防をせずに数年を経て末期症状になると、血液の循環が阻害され、腹水がたまりセキをするようになり、最悪の結果となりますから子犬の時期から予防を怠る事は出来ません。
フィラリア症には予防薬がありますので定期的にこれを飲ませます。
  
※月1回の予防薬を5月末〜11月末の7回(7ケ月間)内服させるのが基本です。
  
   個人輸入利用者の為のフィラリア予防の知識

もし、すでに心臓にフィラリア虫が寄生してる場合は、予防薬を飲ませる事ができませんので血液検査によって、寄生の有無を調べてから予防薬を服用させる事になります。

●5ケ月齢

この頃から子犬は、自分を取り巻く家族と自分の関係を、自分より強いか、弱いか、で区分して考えるようになります。群れで生活していた野生のなごりでしょう。
場合によっては自分の地位を主人(ボス)の次に位置づけ、その他の人を自分と同等、又はそれ以下と認識して、歯をむき出したり威嚇したりする事があります。
小さな子供のいる家庭では子供もしつけに参加して、家族全員の命令に従うようトレーニングしなければなりません。

【食事のしつけ 】
食事の時間は、マテやスワレなどのしつけを誘発的に行う好機ですので、食事を与える行為と併行して色々なしつけ科目を組み入れて行います。室内外で飼育される愛玩犬では、  
  1.飼い主が許可するまで食べない。 2.限られた時間内で食べる。  
  3.人が食べている物をねだらない。 4.拾い食いをしない。       
などの基本的なしつけが必要です。 
食べ物を入れた器を持ち、犬と向き合い「スワレ」を命じ、犬の前に食器を置きます。
「マテ」の命令を与えます。
直ぐに食べようとしたら手で制し、食器を取り上げ「スワレ」「マテ」を繰り返します。
この頃の子犬の食事に対する欲望はかなり強いものですから、あまり長い時間待たせず、ごく短い時間待つ事ができれば充分に誉め、「ヨシ」の命令で食べさせます。        
このしつけは犬が自分の欲望をコントロールして飼い主の命令に従うと言う基本トレーニングですから是非とも実行しましょう。


【耳の手入れ】
耳の中が臭ったり、汚れていたら、綿棒でそうじをします。
エピオティック(※)などの耳洗浄液で洗浄してから綿棒で掃除すればとてもきれいになります。

 
※耳の手入れについては『犬と猫の耳の手入れ』をご覧下さい。

特に垂れ耳の犬種では定期的な観察と手入れが必要です。長毛種や耳の垂れた犬種は、外耳炎や耳カイセンの寄生が高い確率で見られますので、首を振る、後肢で耳をかく、黒い耳垢がついている、等の異常を見つけたら動物病院で診察を受け適切な処置をします。

【爪の手入れ 】
爪が長く伸びている時は犬用の爪切りで切ります。
爪を伸ばし過ぎると、中の血管も一緒に伸び、切ることが難しくなりますから、爪の状態は日頃からよく観察します。
爪を光に透かし、血管を確認して、血管を切らぬよう短く切ります。
黒い爪の場合は、先端から少しずつ慎重に切っていきます。
爪を切ったあとは、ヤスリで先端を丸くします。
深爪は犬に苦痛を与え、その後の爪切りをいやがる様になりますから注意します。

●6ケ月齢

愛犬は人間で言うと青年期、悪い習慣を改め、良い性格を伸ばすために本格的なトレーニングを開始すべき時です。
リードをつけ散歩に出ると活発な犬は真直ぐ歩かなかったり、左右に引っ張って苦労をします。
この状態を放置しておくと、成犬になった時、中型犬以上では婦人や子供ではとても散歩が無理の状態になります。
常に主人に従って歩く訓練(脚側行進)は、すべてのトレーニングの基本となるものであって、家庭犬に対して行われるトレーニングの目的の内、最も重要なものです。

【脚側行進 】

脚側行進の基本は犬を主人の左側に付けると言うもので、日常から犬を左側に誘導する事を心がけます。
リードをつけて犬と戯れながら、時おり犬を左脚側に来るよう仕向けて歩いてみます。
主人と行動する時は、常に左側に付くべきである事を犬に習慣とさせます。
犬を主人の左脚側に停座させ、犬の名を呼び、犬の注意を主人に集中させ「アトエ」の命令とともに歩きだします。

リードは右手に短く持ち、犬の首に近い所で左手を添えておきます。
歩行時は、犬の右肩が主人の膝付近に付くよう引き寄せて行進します。 
犬が前に出る時は「アトエ」の命令とともにリードをグンと強く引き首にショックを与えます。
犬が引く方向と逆の方向へ主人が方向転換してしまう事も引き癖をなくすためには有効です。 
このトレーニングは根気が必要ですが、毎日の散歩時に繰り返し教え、良い習慣を身につけさせましょう。
室内飼育犬の場合には犬は主人の身近で生活する関係上、主人の声の調子や顔色、動作で「よい事」「悪い事」の判断をするようになりますが、外で飼育される犬の場合には一般的に意志の疎通が薄く、充分なトレーニングを行うためにはある程度の厳しさも必要です。
特に大型犬や強情な犬にあっては、むしろ程度をわきまえた体罰もやむを得ぬものとして肯定されます。
この時期のトレーニング如何が犬の生涯の評価を左右するものとなります。
犬の教育についてご家族全員で考える機会をおつくりください。

【薬を飲ませる 】
犬にとって、口は様々な機能を果たす器官ですから、人が無理やり口を開けたり口の中に手を入れたりする事を非常に警戒します。
投薬などを容易に行うためには、この警戒心を子犬の時からのしつけで除いておく必要があります。
何気なく口を開けてみたり、好きな食べ物を口の中に入れてやったり、じゃれて噛んでくる時に口の奥深く手を入れてみたりの繰り返しが警戒心を除く事に役立ちます。
薬を投与するなどの必要な行為は、穏やかに安心させるよう話しかけながら、しかし断固とした態度で目的を達する必要があります。

【飼育環境 】
犬の体の変調は環境の温度差によって引き起こされる場合が多いので空調等による昼夜の温度差について注意が必要です。
冬期にはペット用ヒーターの利用も考えます。
夏期の密閉状態では熱射病の危険があるくらい室温が上昇します。
電気コードをかじる事による感電事故にも注意が必要です。
その他火気、薬品、刃物、異物の嚥下などにも注意しなければなりません。 
階段を昇る事はできても降りる事ができない犬もあり、転落の危険があります。
室内飼育犬を多くの危険から守るのは飼い主の義務です 。

【繁殖について】
雌犬にはおおむね半年ごとに発情がきます。期間は約2週間で、陰部からの出血がみられ、出血の初日から数えて12〜13日目が交配の適期です。
雄犬には発情期はなく、発情中の雌犬が近くにいればその匂いで発情します。
子犬を生ませる場合は、出血が始まった日を正確に記憶して、交配の条件等について雄犬の所有者と打合せをします。一般には交配証明書と引き換えに交配料を支払います。
繁殖は出産子犬の分譲先も考慮した上で計画を進めるべきです。
中型以上の犬では、最初の発情は母体がまだ完全に出来上がっていないので、2回目の発情期から交配するのが無難です。
子犬を生ませない時は、室内犬では発情中の散歩を見合わせ、外に出さず庭やベランダで日光浴をさせるようにします。屋外飼育の雌犬は、発情期は室内に入れるなど、交雑を避けるための細心の注意が必要です。

【食事について 】
一般に犬は幼犬時から与え続けられ習慣となった食物を好みます。
犬の食餌内容や給餌方法を切り替える時に、急激な変更をすると一時的な下痢や食欲の減退を起こす事があります。食餌内容の変更には10日間程度の時間をかけ、毎日10%づつ新しい食餌を加え、等量の旧食餌を減らす方法で徐々に行います。



個人輸入できるフィラリア薬・ノミダニ薬の人気ランキング


フィラリア予防薬(錠剤・チュアブルタイプ)
1 ダイロハート(小型犬用6個)¥2160
2 ダイロハートプラス(小型犬用6個)¥2198
3 ハートガードプラス(小型犬用6個)¥3980
※1〜※3は全てイベルメクチン成分のフィラリア予防薬でカルドメックチュアブルと同成分の薬(ジェネリック)です。
※ダイロハートとダイロハートプラスの違いは錠剤タイプ(ダイロハート)かチュアブルタイプ(ダイロハートプラス)だけで成分は同じです。
※未承認医薬品の為、通販では購入できませんが、個人輸入を利用すれば、通販並みに手軽に購入することができます。 ※表示価格は全て小型犬用6個(6ケ月分)/1箱 の価格です。

価格を調べた個人輸入サイト
フィラリア予防薬(スポットオンタイプ)
1 レボリューション(小型犬用3本)¥4880
 成分;セラメクチン

2 アドボケート(小型犬用3本)¥5280
 成分;モキシデクチン、イミダクロプリド
※1〜※2はフィラリア予防だけでなく、ノミダニ駆除効果もあります。(マダニは除く)
※未承認医薬品の為、通販では購入できませんが、個人輸入を利用すれば、通販並みに手軽に購入することができます。
価格を調べた個人輸入サイト
ノミダニ駆除薬
1 ノミ + ダニディフェンス(小型犬用3本)¥1878
ノミダニ駆除(スポットオンタイプ)フロントラインのジェネリック
2 フロントラインプラス(小型犬用6本)¥5398
ノミダニ駆除(スポットオンタイプ)
3 レボリューション(小型犬用6本)¥9500
ノミダニ駆除+フィラリア予防+腸内寄生虫駆除(スポットオンタイプ)
4 ネクスガード(小型犬用6チュアブル)¥6780
ノミダニ駆除(チュアブルタイプ)
5 コンフォティス(小型犬用6錠)¥8898
ノミダニ駆除(錠剤タイプ)

6 アドボケート(小型犬用6本)¥8600
ノミダニ駆除+フィラリア予防+腸内寄生虫駆除(スポットオンタイプ)
※未承認医薬品の為、通販では購入できませんが、個人輸入を利用すれば、通販並みに手軽に購入することができます。

※1価格を調べた個人輸入サイト(アイハーブ)
アイハーブは初回5ドル割引が有ります。「アイハーブの賢い使い方」を読んでから利用するようにして下さい。

※2〜※4価格を調べた個人輸入サイト(ケンコーペッツ)
※5〜※6価格を調べた個人輸入サイト(ペットくすり)

記事中の商品と価格について

 記事中でご紹介した商品の価格は大手個人輸入サイト数社で調査した中の最安値を表記したものです。
価格は為替の変動で変わりますので、御購入の際は、直接個人輸入サイトでご確認ください。

【ペット用医薬品・個人輸入代行サイト】

ケンコーペッツペットくすりウサパラの大手3社で価格を調べました。 3社とも信頼でき、価格的にも大差はないようです。取扱商品数はウサパラが一番多いようです。
「フィラリア予防薬やノミダニ薬のジェネリックを毎年、年一回買う」…といっただけの利用なら送料無料で、配送事故時の対応が迅速で丁寧なケンコーペッツがお勧めです。

ケンコーペッツ(フィラリア予防薬)
ケンコーペットの配送保障
ペットくすり(動画で解説)

ウサパラ(↓)

【サプリメント】

どのカテゴリーにおいても、殆どの商品で、アイハーブ(世界最大手サプリ通販会社)が最安値でした。
ただ、アイハーブはHPが自動翻訳版なので、使い勝手は今一つといったところです。
アイハーブを利用する場合は下の記事をお読みになってからご利用ください。

アイハーブの賢い使い方
最適・最安値・サプリメント検索(成分名検索)
最適・最安値・サプリメント検索(目的症状検索)

【医薬品個人輸入代行サイト】

くすりマート、くすりエクスプレス、ベストケンコーの大手3社で調べました。
ED治療薬などの定期購入には送料無料で配送保障のあるくすりマートがお勧めです。
くすりマート
くすりエクスプレス(カテゴリー別売れ筋ランキング)
ベストケンコー(カテゴリー別売れ筋ランキング)

【お勧め・関連記事】


フィラリア予防薬・価格比較と人気ランキング
ノミダニ駆除薬・価格比較と人気ランキング
フィラリア予防薬・購入前に知っておくべき3つの常識
ノミダニ駆除薬・購入前に知っておくべき3つの常識
ノミ取り首輪・購入前に知っておくべき3つの常識
犬と猫の虫下し(駆虫薬)・購入前に知っておくべき3つの常識
ペット保険・選ぶ前に知っておくべき3つの常識

【犬と猫の家庭でのケア(歯/耳/シャンプー/涙やけ)】


犬猫の歯磨き(デンタルケア)
犬と猫の耳のケア
犬と猫のシャンプー
犬の涙やけのケア
犬の白内障の予防と治療&家庭でのケア

【商品別・購入する前に知っておくべき3つの常識】

【フィラリア予防薬】
カルドメック チュアブル
ミルベマイシン
アドバンテージハート
アドボケート
キウォフハート
システック
ストロングハート
ストロングホールド
ハートガードプラス
パノラミス
レボリューション
イベルメクチン成分のフィラリア薬
アザバスカ
ハートメクチン
パナメクチン錠
イベルメックPI
イベルメックDSP
パナメクチン
インターセプター
モキシデクチン
モキシデック
プロハート
セラメクチン
【ノミダニ薬】
フロントライン
フロントラインプラス
マイフリーガード
フィプロフォートプラス
フロントラインスプレー
サーチフェクト
フォートレオン
コンフォティス
ネクスガード
フロントラインゴールド
【駆虫薬】
ドロンタール
キウォフ(ドロンタール・ジェネリック)
プロフェンダースポット
【ノミ取り首輪】
ボルホプラスカラー
キルティクス
【その他】
白内障目薬(クララスティル,キャンC,シーナック)
犬,猫,耳洗浄剤(ザイマックス イヤープロテクター,ノルバサンオチック,エピオティック)
犬と猫の爪切り止血剤(クイックストップ)
充血除去目薬(クリアリン,クリアアイズ)
犬と猫の手作りごはん


【犬と猫の寄生虫・関連記事】


回虫|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)
鉤虫|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)
鞭虫|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)
条虫(サナダムシ)|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)
コクシジウム|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)
ジアルジア|犬と猫の寄生虫と駆虫薬(虫下し)

【その他関連記事】

BSE(狂牛病)
ジステンパー
フィラリア
犬と猫のワクチンの種類



世界最大級・最安値
サプリメント通販
アイハーブの賢い利用法
売れ筋ランキング 
サプリメント最安値検索
 成分名からサプリ検索
 目的症状から検索
 ペット薬・徹底比較
 フィラリア薬比較
 ノミダニ薬比較
 価格比較・ランキング
フィラリア予防薬
ノミダニ駆除薬
 獣医が教えるネット通販での商品の選び方
 フィラリア薬
 ノミダニ薬
購入前に知っておくべき3つの常識
フィラリア予防薬
ノミダニ駆除薬
ノミ取り首輪
虫下し(駆虫薬)
ペット薬の個人輸入のコツと注意点など…
ペットの家庭でのケア
犬の歯磨き・デンタルケア
犬と猫の耳のケア
犬と猫のシャンプー
犬の涙やけ
犬の白内障と目薬
 ペット関連お勧めサイト
わんにゃんドットコム
ペット総合情報サイト
 ホームクリニック
症状から家庭での対処法がわかる
  獣医のフィラリア予防薬・無料相談室
  獣医のノミダニ駆除薬・無料相談室
 動物薬個人輸入サイト
  フィラリア薬売上ランキング
 ペットの薬を自宅で受け取り!簡単便利ペットのお薬通販。皮膚病のお薬も豊富!
 
 商品の賢い選び方
<<ナイトライフ>>
ED治療薬
早漏治療薬
EDサプリメント
ペニス増大サプリ
女性用媚薬
媚薬・催淫剤
フェロモン香水
漢方精力剤
 <<スキンケア>>
シミ取りクリーム
美白クリーム
ニキビ治療薬
まつげ育毛剤
飲む日焼け止め
更年期障害・月経前症候群・PMS
アンチエージング
<<ブランド>>
オバジ(Obagi)
SK-II
BIHAKUEN
トランシーノ
 <<男性・育毛>>
育毛剤
ロゲイン,リアップX5
AGA治療薬
ミノキシジル育毛剤
 <<女性・育毛>>
女性の薄毛,抜け毛
女性用育毛剤
びまん性脱毛症
パントガール
 <<ダイエット>>
肥満治療薬
ダイエットサプリ
食欲抑制
吸収阻害
脂肪燃焼
宿便サプリ
置き換えダイエット
アミノ酸ダイエット
<<筋肉増強>>
筋肉増強剤
筋トレサプリ
テストステロンブースター
プロテイン・サプリ
BCAA(分岐鎖アミノ酸) 
 <<避妊ピル>>
避妊・低容量ピル
アフターピル
 <<禁煙補助>>
禁煙補助薬
チャンピックス
ニコレット
 薬・サプリ関連サイト
やさしいED治療ガイド
個人輸入・価格比較
薄毛・AGA・育毛剤
ダイエット・肥満治療薬
避妊・低容量ピル
美容スキンケア
精力剤・媚薬
ED治療薬・早漏治療薬
生活習慣病予防ナビ
アイハーブ(iHerb)サプリメントのまとめ
アイハーブ(iHerb)ハーブのまとめ
 更新日付
 2016.10.13